2005年05月17日

ドーム

『ドーム 人類の箱舟』(夏樹静子)
この作品は米ソ冷戦の時代を舞台に書かれたもので
全面核戦争による人類滅亡を防ぐ為
巨大なドームを建設する物語です

幼少期に核実験場の近くで被爆した女性とその恋人の設計技師の夢想が
やがて様々な人を巻き込んで巨大なプロジェクトに発展して行きます

財界の大物 アイドル歌手 プロ野球選手 辛口評論家…
いろんな人を賛同者に加えながら政治家や財界
さらに各国政府を動かして行く過程が
読んでいてとても面白かったです

因みにこの作品の続編の『β(ベータ)の悲劇』(夏樹静子&五十嵐均)は
新型のインフルエンザウイルスによって人類が滅亡の危機に立たされる
というお話です

興味を持たれた方は読んでみて下さい
posted by アガリ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック